'); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?>
Skip to content
レシピ

グリルチキンとフェタチーズ、ミント、トーストピタパンのサラダ

炭火で焼いたチキンを乗せ、カリカリのピタパンチップスと爽やかなレモンビネグレットソースを混ぜ合わせたギリシャ風サラダ。あっさりとしてヘルシーな、食事と呼ぶのに十分なサラダです。カリフォルニア・シャルドネまたはスパークリングワインと一緒にお楽しみください。

Ingredients

ビネグレットソースの材料:
エクストラバージンオリーブオイル 1/2カップ(120 ml)
搾りたてレモン汁 1/3カップ(80 ml)
ニンニク 1片、みじん切り
塩 小さじ1/2(2.5 ml)
レモンの皮 細かくおろしたもの小さじ1/2(2.5 ml)
挽いたクミン 小さじ1/2(2.5 ml)
粗挽きコショウ 小さじ1/4(1.25 ml)

骨なし皮なしのチキン胸肉 2枚(それぞれ約170 g)
ピタパン 2枚(それぞれ約15 cm)

サラダの材料:
中くらいのロメインレタス 1玉、葉を一口サイズにちぎる
砕いたフェタチーズ 115 g(このほかに付け合わせ用にも準備する)
プチトマトまたはグレープトマト 半分に切ったもの1カップ(240 ml)
イギリスキュウリ 1/2本、縦半分に切って薄い半月切りにする
ハーフサイズの赤タマネギ 薄切りにしたもの約1/2カップ(120 ml)
カリフォルニア産黒オリーブ(種なし) 12~16粒
生のミントの葉 みじん切りにしたもの大さじ2(30 ml)(このほかに付け合わせ用にも準備する

4人分



手順

ビネグレットソースの材料を小さいボウルに入れて混ぜ合わせます。ソースの半分はサラダ用に取っておきます。

チキン胸肉を1.25 cmの幅に斜め切りします。切ったチキンを残りのビネグレットソースが入ったボウルに入れ、かき混ぜて全体をコーティングします。室温で30分置いておきます。

グリルを直火焼きにセットし、中火(約180℃)で予熱します。チキンをソースから取り出します。残ったソースは捨てます。グリルの網目と直角になるようにチキンを並べます(または予熱した鉄板の上で焼きます)。グリルにふたをして、チキンに十分に火が通り、軽く焦げ目がつくまで6~8分間焼きます。必要に応じて表裏を返してください。チキンを焼いている間に、間接焼きの場所にピタパンを置き、きつね色でパリパリになるまで中火で約4分間焼きます。途中で1、2回、表裏を返してください。

グリルからチキンとピタパンを取り出します。チキンはまな板に移して休ませ、ピタパンは一口サイズにちぎります。

サラダの材料を大きなボウルに入れてかき混ぜます。ピタパンと取っておいた半分のビネグレットソースを加え、全体にいきわたるよう混ぜます。サラダを皿に盛りつけます。チキンのスライスをサラダの中央に乗せます。残ったソースを振りかけ、余分に用意しておいた砕いたフェタチーズとミントを飾り付けたら完成です。熱いうちに召し上がってください。

Share this
Share on FacebookShare on PinterestShare on TwitterEmail ThisPrint This