'); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?>
Skip to content
レシピ

チキンチポトレ、アボカドとライム添え

コクのあるスープ、手裂きのジューシーな鶏肉、香ばしいチポトレで作る格別なポソレ(メキシコの郷土料理)です。余った鶏肉は翌日のサラダに加えると、二度おいしくいただけます。カリフォルニア・ジンファンデルまたはバルベラと一緒にお召し上がりください。

Ingredients

鶏もも肉 1 kg
水 2 L
玉ねぎ(大) 1個、半分に切って薄切り
黒コショウ(ホール) 12粒
にんにく 3片
ローリエ 2枚

クミン(ホールまたはパウダー) 小さじ1
メキシコ料理用チョリソー 155 g
サラダ油
玉ねぎ(小) 1個、みじん切り
青ピーマン 1/2個、みじん切り
にんにく 2片、みじん切り
プラムトマト(大) 1個、皮を湯むきし、種を取ってサイコロ切りにする
乾燥オレガノ 小さじ1
中力粉 大さじ1・1/2
パクチー 1/4カップ(10 g)、刻んで、付け合わせ用に少し残しておく
ひき割りトウモロコシ 1缶、水を切って洗う
缶入りチポトレ 少量
コーシャーソルトまたは海塩
アボカド(小) 1個、縦半分に切って種を取り、横にスライスする
ライム 1個、四つ切り

4人分



手順

鶏肉と水を大きい鍋に入れて中火でゆでます。表面に浮いてくる泡(アク)をすくい取ります。アクが出なくなると、玉ねぎ、コショウの実、にんにく、ローリエを入れます。火加減を調節しながら1時間コトコト煮込みます。冷まして濾し器でこします。鶏肉を骨から削いで、皮を捨てます。鶏肉の半分を冷蔵庫に入れ、別の料理に使います。残りの鶏肉を手で裂いでいきます。鶏肉から出たスープを5カップ(1.25 L)取っておき、冷蔵庫に入れるか冷凍して、別の料理に使います。

クミンシード(ホール)を小さいフライパンに入れ、鍋をゆすりながら中火で3~5分煎ります。クミンシードが茶色に変わり、香ばしい香りがしてきたら火から下ろします。冷ましてから、すり鉢かミキサーに入れて粉末状にします。

チョリソーを皮から出し、大きい鍋に入れて中弱火(弱めの中火)にかけます。木杓子で崩しながら、脂が溶け出して完全に火が通るまで煮込みます。穴あきスプーンで脂を濾して、皿に移します。鍋の脂にサラダ油を足して、大さじ2杯にします。

みじん切りにした玉ねぎ、ピーマン、にんにくを加え、柔らかくなるまで5~10分炒めます。トマト、オレガノ、クミンを入れ、トマトが柔らかくなるまで、もう3分ほど炒めます。小麦粉を加え、よくかき混ぜながら1分ほど炒めます。鶏肉のスープ5カップ(1.25 L)を注ぎ、かき混ぜながら、とろ火で煮ます。パクチー、トウモロコシ、裂いた鶏肉、チョリソーを加えて、さらに煮込みます。缶入りチポトレチリのアドボソース(マリネ)を、お好みの量だけ混ぜ入れます。ポソレを塩で味付けします。

スープを4個のボウルに取り分けます。アボカドのスライスを2~3枚乗せて、刻みパクチーを飾ります。ライムを添えて、熱いうちにお召し上がりください。

Share this
Share on FacebookShare on PinterestShare on TwitterEmail ThisPrint This