'); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?>
Skip to content
レシピ

梨のリースリング煮、カラメルソース添え

バレンタインデーには、白ワインで煮込んだ甘く艶やかな梨をお二人でいかがでしょうか。梨もカラメルヨーグルトソースも作り置きができるので、デザートのタイミングに合わせて、すぐに準備できます。遅摘みのカリフォルニア・リースリングまたはソーヴィニョン・ブランと一緒にお召し上がりください。

Ingredients

白ワイン 1カップ(250 ml)
水 1カップ(250 ml)
グラニュー糖 大さじ6(90 g)
バニラビーン 少々(1.3 cm)
洋梨バートレットまたは安城梨 1個(熟しすぎていないもの)

カラメルソース:
ブラウンシュガー 大さじ2
グラニュー糖 大さじ2
水 大さじ2
生乳プレーンギリシャヨーグルト 1/4カップ(60 g)常温

ビタースイートチョコレート 少量(オプション)



手順

小さいソースパンに、ワイン、水、砂糖、バニラビーンを入れます。かき混ぜながら砂糖を溶かし、中火で煮立てます。ピーラーで梨の皮をむき、柄はついたままにします。ソースパンに梨を横向きに入れます。上から煮汁をかけます。ソースパンより少し大きめのクッキングシートを丸く切って、梨の上にかぶせ、端を煮汁の下に挟み込んで、シートが動かないようにします。火加減を調節しながら弱火で10分間煮込みます。

クッキングシートを取り除き、大きいスプーン2本を使って、果肉を崩さないように梨を裏返します。クッキングシートをもう一度かぶせ、前回のように端を下に挟み込んで、竹串でつついたときに果肉が柔らかくなるまで、もう10分間ほど煮込みます。梨は冷ましている間も煮汁を吸っています(つまり火を止めても調理中)。穴あきスプーンで、梨を蓋付き容器にゆっくりと移します。煮汁からバニラビーンを取り除きます。煮汁が1/2カップ(125 ml)になるまで煮詰めます。よく冷ましてから、梨の上にかけます。

蓋をして、冷蔵庫で8時間~1日寝かせます。数時間ごとに梨を返しながら、シロップを染み込ませます。

カラメルソースの作り方:小さいソースパンに、水と砂糖を入れます。かき混ぜながら砂糖を溶かし、中火で煮立てます。煮汁が大さじ2・1/2~3杯になるまで、4分ほど煮ます。それ以上煮ると、カラメルが鍋にくっついてしまいます。計量カップに注ぎ、2分間冷まします。小さいボウルにヨーグルトを入れ、少しずつカラメルに混ぜ込みます。蓋をして冷蔵庫で冷やします。

盛り付けは、梨を縦半分に切ります。メロンボーラーで両方の芯をくり抜きます。半分に切った梨を、切り口を下にして調理台の上に置き、柄が付いたまま、縦に薄くスライスします。梨の形が崩れないように、スパチュラ(へら)を使って梨を半分ずつ個々の器に移します。スライスを軽く押して、扇形に開きます。カラメルソースを横に添え、梨の煮汁のシロップ小さじ1杯ほどを梨の上に注ぎます。お好みによって、チーズおろし器や目の細かいおろし金を使って、少量のビタースイートチョコレートをふりかけます。熱いうちに召し上がってください。

Share this
Share on FacebookShare on PinterestShare on TwitterEmail ThisPrint This