'); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?>
Skip to content

環境保全活動 コミュニティの中で

従業員

地域社会と従業員は環境保全型ワイン生産における必須要素であり、環境にやさしいワイン生産の実践と同程度に重要です。カリフォルニアワイン産業が事業を営む地域社会を強化する上で、生産的で満たされた労働者は力となります。州の厳格な法規制を念頭に、カリフォルニアのブドウ栽培農家およびワイン生産者は、従業員の福祉と環境を保護するべく多くのことを行っています。

従業員教育

カリフォルニアのワイナリーでは、規模の大小を問わず、従業員の教育と能力開発が幅広く行われ、従業員の技術水準と教育、意欲の向上に役立っています。例としては、ティスティング・ルームの従業員のためのサービス・トレーニング、ワイナリーやブドウ畑の労働者のための機械操作、管理職向けのリーダーシップ・セミナーなどが挙げられます。多くのワイナリーが、全従業員のための環境保全活動関連の研修プログラムを開発しています。もちろん、ワインと食べ物に関して学ぶ機会も数多くあります。

従業員の安全

総合的な安全研修と安全監査、ならびに安全目標を達成した場合のボーナスの検討まで、カリフォルニアのワイナリーは従業員の安全について真剣に考えています。ワイナリー、ブドウ畑、オフィス、ティスティング・ルームで働く人々を対象に、畑とワイナリーにおける機器の安全な操作方法、事故や怪我を防ぐ方法、応急手当て、熱やその他のストレスを防ぐ方法などの分野に主な焦点をあてた必須および任意の研修を常時行っています。

前向きな職場

多数の従業員を引きつける産業を作り上げる活動の一環として、カリフォルニアのワイナリーは質の高い従業員を育て、意欲を向上させ、維持していく前向きな職場をつくるよう工夫しています。一般的な活動としては、従業員教育、チーム育成活動、キャリア開発、教育機会、ツールと装置の提供などが挙げられます。

社会奉仕活動

環境活動への取り組みに加え、カリフォルニアのブドウ栽培農家およびワイン生産者は、自らが生活し農場を経営する地域社会に貢献することが、環境保全型ワイン生産における重要な原則であり、またサステナブルなワイン生産に関するカリフォルニア法における重要な原則であることを理解しサポートしています。ワイナリーは地域社会のニーズを見出し、先頭に立って慈善事業に取り組み、幅広いコミュニティ活動を支援すべく、地域社会に積極的に関与しています。

慈善イベント

オークション、フェスティバル、ワイン生産者ディナーなどのワイン関連のイベントでは、毎年慈善事業や非営利組織のために何百万ドルもの募金が行われます。カリフォルニアのワイン生産者は、教育、医療、芸術、動物の世話、災害復旧活動、環境のための活動その他多くを支えるために、国中で寄付を行い、何百ものイベントに参加しています。カリフォルニアのブドウ栽培およびワイン産業は、社会奉仕活動として毎年最低1億150万ドルを募金していると見積もられています。

土地の保護

カリフォルニアのワイン生産者の多くは、所有する土地の一部しか耕作しません。それ以外の土地は空き地として野生動物に住処を提供し、自然の美しさと環境を保護しています。州すべてのブドウ栽培農家とワイン生産者はまた、農地信託その他の組織に土地、または土地の地役権を寄付し、土地が確実に農業のために用いられるかまたは永遠に空き地となるようにしています。

住居と教育

カリフォルニアのワイン生産者は直接的に、または組合等を通じて間接的に、農作業者とその家族にサポートを行っています。恒久的または季節住居のために土地とお金を寄付するほかにも、農作業者の医療、教育、移動、社会サービスのために数百万ドルの募金を行っています。

生活の質

州の北部から南部まで、変化に富むカリフォルニアのワイン産地では、印象的な田舎の風景、小さな町の魅力、有名なレストラン、そしてもちろん世界最高のワインを楽しめます。環境保全型の農業とワイン生産活動のリーダーとして、空き地の保護と文化活動の推進の注力するカリフォルニアのワイン醸造業者は、自らが農場を経営する地域社会の生活の質の向上に大幅に貢献しています。

文化とライフスタイル

音楽の演奏会、美術の展覧会、庭やワインについての教育セミナー、料理教室。これらはすべてカリフォルニア各地のワイナリーが提供している文化活動のほんの一部です。このウェブサイトの[イベント]のセクションから、様々な地域で行われているイベントを簡単に一覧できるようになりました。

空き地

カリフォルニアのワイン地域を訪れたり住んだりすることの魅力のひとつは、各地方の自然の美しさを堪能できることです。息をのむほど美しいブドウ畑の景色をはじめ、草原と森、山々が織りなす牧歌的な風景も人々を惹きつけます。これらの多くは、空き地として保存することを選択したワイン生産者やブドウ農家が所有しています。

消費者メリット

豊かで多種多様なカリフォルニアのワインを反映して、カリフォルニアのティスティング・ルームも多種多様です。ワインをティスティングし、知り、楽しむためのさまざまな仕掛けがあります。多くのワイナリーではワインを食事とともに楽しむ機会を提供しており、一部のワイナリーはレストランさえ経営しています。ワイン産地の魅力として、サイクリングやハイキングのコース、地元の特産物を扱うお店、コンサートや小売店、レストランなども挙げられます。

経済

州を代表する産業として、カリフォルニアワインは地方と都市の両方で職と収益を生み出しており、観光業は地域の小売店、レストラン、ホテルを支えて、州の経済に大きく貢献しています。

観光業

毎年約2100万人の観光客がカリフォルニアワイン産地を訪れます。これは地域経済や州全体の中小企業にとって恩恵となります。

雇用

カリフォルニアのワイン産業は米国内で82万人分、カリフォルニア州内で30万人分の雇用を生み出しています。米国において258億ドル、カリフォルニア州で123億ドルの賃金を支払い、州と連邦あわせて147億ドルの税金を支払っています。

家族経営

カリフォルニアのワイナリーとブドウ畑のほとんどは家族経営で、健全で活力ある地域社会の運営に貢献していると同時に、未来の子供たちのために土地を保護しています。