Skip to content
レシピ

ラムチョップのハーブマリネ アスパラガス、レモン、新キャベツ添え

柑橘系素材を加えて混ぜ合わせたフレッシュハーブとニンニクは、フライパンで焼いたラムチョップを香ばしく仕上げるマリネ液として、また新キャベツに爽やかさをプラスするドレッシングとしても活躍します。カリフォルニア・ソーヴィニョン・ブランまたはピノ・ノワールと一緒にお楽しみください。

Ingredients

マリネ液の材料:
ニンニク 3片
生のイタリアンパセリ 1/2カップ(120 ml)
エクストラバージンオリーブオイル 1/3カップ(80 ml)
生のミント 1/4カップ(60 ml)
生の香菜 1/4カップ(60 ml)
搾りたてレモン汁 大さじ2(30 ml)
挽いたクミン 小さじ1/2(2.5 ml)
塩 小さじ1/2(2.5 ml)

ラム・ロイン・チョップ 8本(約1 kg)
アスパラガス 根元を切り落としたもの450 g
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2(30 ml)(分けて使う)

レモン 1/2個
粗挽きコショウ

青物野菜の材料:
青物野菜各種(ルッコラ、ホウレンソウ、ケールなど) 170 g
生のミント みじん切りにしたもの大さじ2(30 ml)
レモンの皮 細かくおろしたもの小さじ1(5 ml)

4人分



手順

マリネ液の材料をフードプロセッサー用ボウルに入れ、プロセッサーで混ぜ合わせます。混ぜ合わせたら、サラダ用に1/4カップ(60 ml)を取り分けておきます。

ラムチョップを焼き皿に乗せ、残りのマリネ液を全体にかけてコーティングします。ラップをして冷蔵庫で2~4時間寝かせます。調理する30分前に冷蔵庫から出し、室温に置いておきます。

オーブンを予熱します。縁を折ったベーキングシートにアスパラガスを並べます。オリーブオイル大さじ1(15 ml)を振りかけ、軽く塩をふって全体をコーティングします。アスパラガスをオーブンの最上段に乗せ、表面に軽く焦げ目がついて中が柔らかくなるまで5~7分間焼きます。必要に応じて、表裏を返してください。オーブンから取り出してレモン汁を振りかけます。

ラムチョップをマリネ液から取り出し、軽く塩コショウをします。残ったマリネ液は捨てます。大きなフライパンにオリーブオイル大さじ1(15 ml)を入れ、中強火で熱します。ラムチョップを乗せ、両面に焦げ目がついて、お好みの焼き加減になるまで焼きます。8~10分でミディアムレアになります。火からおろし、3~5分間休ませます。

ボウルに青物野菜を入れ、取り分けておいたマリネ液を振りかけて軽くかき混ぜ、サラダを作ります。サラダを4枚の皿に盛りつけます。それぞれのサラダの上に、ラムチョップ2本とアスパラガスを乗せます。ミントの葉とレモンの皮を添えたら、食卓へ直行です。

Share this
Share on FacebookShare on PinterestShare on TwitterEmail ThisPrint This