'); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?> '); ?>
Skip to content

レシピ

Pinot Noir

じっくり蒸し煮にした豚肩肉は、とろけるように柔らかくジューシーになります。調理前に脂身を切り取ると、コクのあるヘルシーなシチューができ上がります。バターナッツ・スクワッシュとドライプルーンが豚肉と相性の良い甘酸っぱさを加え、食卓に秋の色と風味をもたらします。カリフォルニア・ピノ・ノワールまたはジンファンデルと一緒にお召し上がりください。 レシピを表示 →

鴨の胸肉を「低温でゆっくり」調理すると、ほとんどの脂が溶け出し、皮はカリッと、肉はジューシーに焼き上がります。軽くて歯ごたえのあるサラダに、熱い鴨の脂を少量かけると、濃厚な肉との絶妙なバランスを味わうことができます。カリフォルニア・ピノ・ノワールまたはグルナッシュと一緒にお召し上がりください。 レシピを表示 →

オッソブーコに使われる子牛の肉に似せて、肉屋でラムシャンク(子羊のスネ肉)を輪切りにしてもらいます。骨付き肉はソースを濃厚な味にするだけでなく、コラーゲンたっぷりの骨髄も溶け出します。お好みによって、丸ごとラムシャンクで調理することもできます。カリフォルニア・ピノ・ノワールまたはカベルネ・ソーヴィニョンと一緒にお召し上がりください。 レシピを表示 →

柑橘系素材を加えて混ぜ合わせたフレッシュハーブとニンニクは、フライパンで焼いたラムチョップを香ばしく仕上げるマリネ液として、また新キャベツに爽やかさをプラスするドレッシングとしても活躍します。カリフォルニア・ソーヴィニョン・ブランまたはピノ・ノワールと一緒にお楽しみください。 レシピを表示 →